今の仕事を3年ほど続けておりますが、その中で実感として感じたことが当然沢山あります。その中の一つなんですが、
「ユーザーは予定調和を望む」
というのがあるのですね。先が見えないハラハラドキドキという展開は一部の方しか望まないのです。で、僕はその一部の人なのですよ。つまり、ハラハラドキドキしたいタイプなんです。
俗に言う「ユーザーの期待をいい意味で裏切る」ですね。これができれば最高なのですが、なかなか難しい。。よく失敗します。予定されていることをそのままやれば、大部分の方が満足してもらえるので、普通に実行すればいいのですが、でも、僕の中で悪い虫が騒ぐのです「それでいいのか?」と。
えー、何が言いたいかというと(笑

あるコンテンツのあるイベントが予定調和的に行われない

ということですね(何のことやら)。。
ある意味勝負。ある意味負け戦。こっちもハラハラドキドキ、という感じです。
そのイベントのストーリーを後輩に考えてもらったのですが「そこまでやるか」という感じです。数段上の勝負士がこんなところに… < orz