試しに入ってみたアマゾンアソシエイトですが、かなり面白いです。自分の紹介した商品を見ず知らずの誰かが購入するっていうのはロマン(?)を感じてしまいます(あー、砥石は売れなかったですよ。誰が買うかちゅー話ですね^^)。

このアマゾンアソシエイトはどの商品が売れたかというデータまでは取得可能なんですね。例えば、僕が紹介した砥石が注文された場合は「砥石が一件注文されました」と管理画面に表示されます(もちろん誰が買ったとかという情報は出ないです)。で、このアマゾンの紹介リンクは紹介者のIDさえ分かれば誰でも作成できてしまい、尚且つ、IDは紹介先のURLに埋め込まれているので既知なんです。つまり紹介者が紹介していない商品でも、勝手に紹介されたことにできるんですね。まぁ、紹介者にとってはそれでもポイントになるので嫌という人はいないはず。そこで、

そんな俗物は絶対紹介しないであろう人から紹介されたことにして、管理画面でビックリしてもらおう、というお茶目なイタズラを考えました。うひひ。

ターゲットは決まっているのですが、その俗物が決まらない。。その人が絶対紹介しない俗物的な商品で、尚且つ、僕もそれなりに欲しくて、価格が安いやつ。うーん、


ろじっくぱらだいす

これだ!!。
僕が4年ほど前から毎日欠かさず読んでいるろじっくぱらだいすさんが書かれた本です。最近出版されたようで、ちょっとだけ読みたかったんですよねぇ。正直、男のスクール水着は死んでも見たくないですが、日頃のお礼の意味を込めてコレに決定ー。

ターゲットの人が管理画面を見てびっくりされる様子を想像すると今からワクワクドキドキします(笑

> 世間体と言う名の強要はあるかもしれませんね。

それは確かに… < orz