8月の長い夏の大冒険が終わり9月になったということで、まずは新しく追加されたコロカのご紹介。

●千葉県香取市、水郷のとりやさん
理想の鶏を求めてこだわり抜き、丹精込めて飼育された「水郷とり」のレバーから作られるレバーパテ。「箸が進む」という言葉がありますが、こちらはさしずめ「スプーンが進む」といった感じでしょうか。やみつきになるクセのない濃厚な旨味と甘味をぜひご堪能ください。

●富山県富山市、源
富山県初コロカは、通常お土産でもおなじみの「ますのすし」。深緑の笹が開くと中から出てくるのは奇麗な桜色のます。舌だけではなく目でも楽しめる伝統の極上品です。

●滋賀県大津市、松喜屋
滋賀県初のコロカは、日本を代表する銘柄牛「近江牛」です。コロプラ専用のランチメニューとディナーメニューを用意していただいております。滋賀ですが京都駅からも30分ほどの距離なので、京都観光の際にもぜひお立ち寄り頂ければと思います。

●和歌山県紀の川市、観音山フルーツガーデン
柑橘の国として有名な和歌山にて、自然農法に限りなく近い環境で果物を栽培している観音山フルーツガーデン。「とろコク搾り」は、一口飲んだだけで、今までのミカンジュースでは味わったことない感動を覚えました。

●和歌山県東牟婁郡北山村、北山村のじゃばら
コロカ初の自治体提携となるのは、和歌山県の北山村でしか栽培されない幻の柑橘系果実「じゃばら」。その地域でしか味わえないものという意味でも、「これぞコロカお土産!」と呼べる逸品です。道の駅おくとろで販売しております。

●愛媛県宇和島市、かどや
ご飯の上に鯛の刺身と特製のダシをかけて食べる、宇和島の贅沢な郷土料理「鯛めし」もコロカ入りです。鯛めしは、お土産用だけではなく店舗での食事もコロカ対象ですので、新鮮な味を現地で味わってください。

以上6件、海の幸、山の幸、自然の味が豊かなラインナップです。コロプラは今後もお出かけのきっかけに。地域を盛り上げ、日本を元気にするための活動を続けて参ります!

ちなみに、水郷のとりやさん(千葉県香取市)、源(富山県富山市)、松喜屋(滋賀県大津市)、観音山フルーツガーデン(和歌山県紀の川市)の4店舗は、先日お伝えした「夏の大冒険のその後」の対象店舗となっております。ぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

なお、今回はコロカ関係でお知らせが2点ほどございます。

まず、好評を頂いておりますコロカ1枚入力につき1枚の極小プラメダルが貰えるキャンペーンが、10月いっぱいで終了いたします。まだ未入力のコロカをお持ちの方は、お早めのご入力をお願いいたします。

そして、コロカ対象店舗である山一(愛媛県)の営業場所が変更しました。新しい住所は「愛媛県松山市別府町840」となります。詳細は コロプラトップページの7番「特集」>「コロカ」のリンク先にあるスポンサーお土産ページにてご確認ください。

また、本日より9月6日の12:00までの間、お友達キャンペーンとして、招待したお友達がコロニーを作成すると「貯プラ箱[500]満」をプレゼントします!

「貯プラ箱[500]満」は、使用すると500プラGETできる不思議なアイテムです。プラをGETできるこのチャンス、周りにまだコロプラを知らないお友達がいましたら、ぜひご招待いただけますようお願いいたしますm(_ _)m

というわけで、9月になってもまだまだ残暑が厳しいですが、お出かけの際には夏バテにお気をつけてコロプラをお楽しみください!