コロカ第24弾、5店舗の追加を行い、100店舗を突破しました!
今回追加になった5店舗は以下の通りです。

●岩手県盛岡市 藤原養蜂場本店
岩手県3店舗目は、滋養たっぷりな日本ミツバチの蜂蜜です。日本ミツバチは様々な花の蜜から蜂蜜を作るので、季節によって味や香りが異なるそうです。なお、岩手といえば震災の影響が気になるところですが、盛岡市内は観光への影響はないとの連絡を受けております。店舗までのアクセスにつきましては、事前のルート確認をお願いいたします。

●静岡県静岡市 トザキ農園
静岡県からは日本茶の登場です。静岡のコロカを選ぶ上で絶対に外せない日本茶。数多ある店舗の中から、本場中の本場は一体どれなのか厳選を重ね、ようやく見つけたのが無農薬・有機栽培を極めた戸崎の有機天領茶です。普段口にしているお茶とは明らかに異なる味にビックリ。この違いを是非ご堪能ください。

●滋賀県彦根市 大西新之助商店
滋賀県からは、伝統的な麻織物として有名な近江上布。複数の柄を一度に織るため、同じ色柄はなく、出来上がるもの全てが一点モノです。麻100%は薄手で通気性のよく、これから暑くなる季節にピッタリです。琵琶湖に近い場所に店舗を構えており、南へ下るとコロカ店舗の松喜屋・近江牛、そこから西へ進めば京都のコロカ巡りも可能ですので、お出かけのロケーションとしても最適です。

●長崎県長崎市 からすみ味藤
長崎からは日本の三大珍味のひとつ「からすみ」が登場。まるで工芸品のような高級感漂う光沢感や色合い。珍味といえば酒の肴を連想しますが、からすみはパスタやお茶漬けなどにも合いますので、ご家族全員で味を楽しむことができるかと思います。また、からすみは高級品ですが、店舗ではリーズナブルな商品も取り揃えているそうですので、ぜひ本場の味をご賞味ください。

●沖縄県石垣市 みんさー工芸館
待望の沖縄2店舗目は、本島からさらに南西に位置する石垣島の伝統工芸品みんさー織です。五つの四角と四つの四角からなる独特の模様は、「いつ (五)の世(四)までも、末永く」という意味を持つそうで、男性からプロポーズされた女性が、その想いに応えるため織ったという風習があったそうです。旅のお土産としては勿論、大切な人へのプレゼントに如何でしょうか。

今月も、その土地の風土と文化に根付いた自然溢れる逸品が揃いました。GWのお出かけの際には、ぜひコロカ店舗まで足を運んでいただければと思います。

コロカがここまで拡大したのも、コロプラを通じてお出かけを楽しんでいだいている皆様や、 確かな逸品を作り続けている店舗の方々のおかげです。本当にありがとうございます。

コロプラは今後もお出かけのきっかけに。地域を盛り上げ、日本を元気にするための活動を続けて参ります!

そして日本各地の花を目覚めさせるイベントでは、いよいよ全国達成を迎えようとしております。達成後は新しいステージに突入しますので、どうぞ最後までお楽しみいただければ幸いです。